ero ANIME De Happyだよ

エロアニメの事・・・

【悲報】ハリウッド版「攻殻機動隊」がアメリカで大爆死 製作費120億円が回収不能 どうしてこうなった…

   

via アニゲー速報 http://ift.tt/2oFV4C8
1: 名無しのアニゲーさん 2017/04/04(火) 20:05:40.39 ID:viOnjZHS0 BE:829826275-PLT(12931) ポイント特典

「攻殻機動隊」の実写映画「ゴースト・イン・ザ・シェル」が3月31日に海外で公開されたが、米国における公開後3日間の興行成績が1900万ドル(3位)と振るわなかった。

本作が利益を生み出すまでの道のりは遠く、1億1000万ドルの制作費を回収するためには、日本を含むその他の地域で成功する必要がある。Varietyによれば、ルパート・サンダース監督が手掛ける本作は、米国以外の市場で今のところ4010万ドルの興行収入を得ている。

「ゴースト・イン・ザ・シェル」についてもっと知るには、1992年の「GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊」を生み出した押井守監督のインタビュー記事と、映画のメイキングに迫るコンセプトアートをチェックしよう。

一方で、4月1日に公開されたドリームワークスの新作3Dアニメーション映画「The Boss Baby」は、2週間連続でトップに立っていた実写版「美女と野獣」を抜き、4900万ドルで興行成績1位に輝いている。

その他、日本では7月公開予定の「パワーレンジャー」が4位、トム・ヒドルストン主演の「キングコング: 髑髏島の巨神」が5位についている。

米国における3月31日(金)~4月2日(日)までの興行成績ランキングは以下の通り(Box Office Mojoより)。

1. The Boss Baby - 4900万ドル
2. 美女と野獣 - 4750万ドル
3. ゴースト・イン・ザ・シェル - 1900万ドル
4. パワー・レンジャー - 1450万ドル
5. キングコング: 髑髏島の巨神 - 880万ドル
6. LOGAN/ローガン - 620万ドル
7. Get Out - 580万ドル
8. ライフ - 560万ドル
9. CHiPs - 410万ドル
10. The Zookeeper's Wife - 330万ドル

http://ift.tt/2nYrr0f
画像
no title

予告編
https://www.youtube.com/watch?v=rbtxXcO3ieY

エロアニメ



エロアニメはなかなか探すの大変です 
その中でも一番のおすすめでマニアの方にはご存じの方が多いゼロアニメーションに入会   ここは種類や質では間違いなくエロアニメ動画はもちろん同人誌でもナンバーワンです

2016年にオープンしたアニメランキング(ANIME RANKING)も見逃せません。

ここはアニメのほかにもコスプレに強いこだわりがありアニメコスプレーヤーをわんさかハメ倒します

気持ちいい道具持ってますか 

この出会いはあなたを別次元のオナニーに導きます

 - 未分類 ,

×