ero ANIME De Happyだよ

エロアニメの事・・・

海外で今年のクソゲーが発表、1位は満場一致あのゲームにwwwwwwww

   

via アニゲー速報 http://ift.tt/2ijEfwN
1: 名無しのアニゲーさん 2016/12/23(金) 11:28:03.08 ID:MlSM7drK0
「2016年も幾つかの大作が発売されたが、そのすべてが
 成功したわけではない――そして、ここに失望リストを記す」
http://ift.tt/2hSE0G4

アンチャーテッド4やFF15などの話題作が大規模宣伝を伴って
発売される時、ビデオゲームから成功以外の何かを見つけるのは
あるいは難しいのかもしれない。

今年も多くの期待作が発売され、その大半はユーザーの予想を上回る物であり
殆ど全てのジャンルに置いて、少なくとも1つはファンにとって必需品と言える
ソフトが生まれていた。

来年には新型ハードが発売されれば、
VR用ソフトも続々予定されているなど
ビデオゲームを巡る環境は17年も良好なものになるだろう。
だが、それは今年が完璧な1年だったというわけではない。

熱狂的に迎えられたゲームがある一方で、
失敗に終わったソフトも確かに存在していた。
そこで我々は、ここに大きな期待をもって迎えられたものの
発売後は失望の声しか聞かれなかったソフトを記したい。

以下に記しているソフトは必ずしも
全てが悪かったわけではない。
だが彼らはゲーマーの要求を満たせず
発売前に開発者たちが約束していた事を
成し遂げられなかったのは間違いない。

>>2以降に続く

2: 名無しのアニゲーさん 2016/12/23(金) 11:29:08.57 ID:MlSM7drK0
・『バトルボーン』
no title

バトルボーンは開発において有利な点が多々あった。
ボーダーランズ2の成功によって名声を得た開発会社、
マルチプレイの導入、安易な続編に頼らず新規IPで勝負する姿勢に
個性的な内容など評判は良かったが、それはあくまで発売前の話である。

多くの批評家は内容量が少ない点と
MOBAにおける他の作品との類似性を問題視し
今作はもっと挑戦的になるべきだったと嘆いていた。
そして最も悲惨な点はあまりにも不安定なサーバーである。

・『ホームフロント:レボリューション』
no title

11年に発売されたホームフロントの続編は
その独特な設定を続けている限り、
異色作として全ての面で進化しているはずだった。

だが新たな開発会社、新たなパブリッシャーによる
ずさんな計画により全てが台無しにされてしまった。

今作には理念がなく、刺激的な場面が消え
その代わりにトボトボ歩く奇妙な敵が存在しているだけだ。

5: 名無しのアニゲーさん 2016/12/23(金) 11:30:15.99 ID:MlSM7drK0
・『Recore』
no title

生意気なキャラクターを引き連れた
快適な冒険になるはずだったソフト。

発売前は古典的なゲームに
新たな演出が加えられたのではないかと
興奮させられたものだが、Recoreはあまりに現代的すぎた。

実にひどい読み込み時間、あまりに許し難い読み込み時間の前では
このゲームの感想は苛立たしい以外の何物でもない。

・『スターフォックス零』
no title

もちろんスターフォックス零が佳作である事に間違いない。
そして多くのゲーマーがこの項目に今作が選ばれることを
不快に思うのも分かっている。

しかし問題はスターフォックスがあまりにも多くの期待を背負っていたところだ。
それはWiiUを代表するゲームの1つになると思われていた。
スターフォックス64より遥かに魅力的だったが、要求の高さに悩まされたソフトである。

6: 名無しのアニゲーさん 2016/12/23(金) 11:31:19.39 ID:MlSM7drK0
・『ミラーズエッジ:カタリスト』
no title

前作を超える事が出来なかった続編。
1作目は独特な美しさとアクションでユーザーを惹き付けたが
単調なゲームプレイと
内容が不足してる今作は率直に言って期待外れである。

・『マフィア3』
no title

このリストに記されている続編モノはどれも特別な作品なのだが
マフィア3に限れば平凡なシリーズの最新作という方が適当だろう。

では、なぜそれが大きな失望をもたらしたのか。
それはE3における過去のどの作品よりも派手な誇張宣伝にある。

今作は優れた世界観と刺激的な物語が有るように見せかけたが
実際はバカバカしいミッションと不細工なゲームプレイを提供していただけだった。

7: 名無しのアニゲーさん 2016/12/23(金) 11:32:27.65 ID:MlSM7drK0
・『Division』
no title

Destinyの後継作になるかと期待され
熱狂的な形で発売を迎えたものの
すぐに駄作だと判明してしまったソフト。

事実、このゲームが最も話題を集めた事といえば
短期間でここまでオンラインプレイユーザー数が
減ってしまうのか、ということぐらいである。

ただ最近UBIが行ったアップデートが
少し先行きを明るくしている事も留意しておきたい。

・『ポケモンGO』
no title

今年最も大きな熱狂をもたらしたソフトを
失望したソフトリストに入れるのは、馬鹿げた行為というものだが
しかしポケモンGOというの少々成功を逃した作品だったようにも思う。

このARGゲームは内容的に物足りないと言わざるを得ず
ユーザー同士でポケモンが交換できない仕様にしていたのは全くの謎だ。

こうした難点こそが同作が短期的に大きな成功を見せたものの
持続はしなかった要因でもあるのだが
しかしポケモンGOが全体として大きな成功を収めた事は認めなければいけない。

8: 名無しのアニゲーさん 2016/12/23(金) 11:33:50.32 ID:MlSM7drK0
・『Might No.9』
no title

Might No.9というのは完璧な失敗作である。
制作の遅れと怠慢で平凡なゲームデザインは
まるで、このゲームは失敗するために生まれてきたかのようだ。

ゲームプレイは昔のロックマンにも及ばず
今作はクラウドファンディングが上手い手段だと思っている人達に向けて
そんな甘い考えを持つべきではないと、
警告を出すために発売されたかのようである。

・『No Man’s Sky』
no title

このリストに挙げたゲームは
どれも一定以上の反発を受けるような気がするのだが
しかしNo Man’s Skyについていえば
満場一致で今年最悪のゲームに認定できるように思う。

今作が何を約束し、また何を約束しなかったのかは多くの推測がある。
またインディーズゲームという点を踏まえれば成功したと言うべきかもしれない。
だがNo Man’s Skyは単純に駄作だった。

ゲームは虚しいものであり
意義のある部分が欠けていた。
Hello Gamesが発売前にもっと慎重になるべきだったたか否かに
関係なく、このゲームは貧弱でありつまらないのだ。

以上が本誌が選ぶ最も失望したゲームリストである。
彼らは決してすべて悪かったわけではないし、中にはこれを好む者もいるのだろうが
しかし発売前に彼ら自身が約束していた事を成し遂げられなかったのは確かだ。

エロアニメ



エロアニメはなかなか探すの大変です 
その中でも一番のおすすめでマニアの方にはご存じの方が多いゼロアニメーションに入会   ここは種類や質では間違いなくエロアニメ動画はもちろん同人誌でもナンバーワンです

2016年にオープンしたアニメランキング(ANIME RANKING)も見逃せません。

ここはアニメのほかにもコスプレに強いこだわりがありアニメコスプレーヤーをわんさかハメ倒します

気持ちいい道具持ってますか 

この出会いはあなたを別次元のオナニーに導きます

 - 未分類 ,

×