ero ANIME De Happyだよ

エロアニメの事・・・

小説家が最近のレビューに苦言「“読みたい作品と違う”って文句が多すぎ」

   

via アニゲー速報 http://ift.tt/2hP2TEs
1: 名無しのアニゲーさん 2016/12/23(金) 08:52:41.17 ID:CAP_USER
拙著に限らず、レビューで付けられる大半の文句は、「自分の読みたい作品と違う」が圧倒的に多く、次に「視点の問題が分かっていない」。第三は「読む前から分かっていることを書く」の三点に尽きる。

第一の「自分の読みたい作品と違う」は実に多い。ネットによって意見が発信できることで、何事にも自分の意見が反映されると無意識理に思っている読者が、作品というワンウエイの作品に不満を抱き始めた証左である。工業製品のように消費者の声で改善できる商品は別として、作品はワンウエイなのだ。

次に大きいのは、「視点の問題が分かっていない」こと。視点を主人公に固定しているのに、「脇役の心中が描けていない」などと書く。群像劇の場合でも、同一パラグラフ内での視点固定は基本であり、これを逸脱すると弊害が出てくる。そうした小説のお作法を知らずにレビューするのは、失礼この上ない。

第三は「読む前から分かっていることを書く」である。例えば戦国関東の歴史経緯は複雑で、人物も複雑に絡み合っている。それをうまく整理して描いているのに、分かりにくいと文句が出る。これをやられると作家は、その時代を書くことができなくなり、読者は珍しい地域や時代の小説を読めなくなる。

歴史小説の場合、レビュアーが「最新の定説を知らないこと」も多い。自分の古い知識が定説だと頭から思い込んでいる。例えば「鉄砲の三段撃ち」が古い説というのも勉強不足を露呈している。最新の説など知らなくてもいいから、作家を勉強不足のくそじじいと思わず、信頼を置いて作品を読んでほしい。

「登場人物が多い」というレビューも困るんだよね。まず視点人物と登場人物は違う。戦国時代の合戦物だと陣形を説明する時など名前を出すが、それを登場人物と勘違いしているんだろうね。記号として人物名を使うことで、随分と理解を助けていることも知ってほしい。

こっちも命削って書いているんだから、レビュアーもそれなりの覚悟をしてレビューしてほしい。版元の金で飲んだくれてるおっさんが、適当に書いているという昭和の作家のイメージが強すぎるからだと思うが、平成の作家には、そんな奴はいない。作品を読むというのは作家と読者の対決だと心得てほしい。

歴史小説家、読者レビューに物申す - Togetterまとめ
http://ift.tt/2hfMgT9

no title

エロアニメ



エロアニメはなかなか探すの大変です 
その中でも一番のおすすめでマニアの方にはご存じの方が多いゼロアニメーションに入会   ここは種類や質では間違いなくエロアニメ動画はもちろん同人誌でもナンバーワンです

2016年にオープンしたアニメランキング(ANIME RANKING)も見逃せません。

ここはアニメのほかにもコスプレに強いこだわりがありアニメコスプレーヤーをわんさかハメ倒します

気持ちいい道具持ってますか 

この出会いはあなたを別次元のオナニーに導きます

 - 未分類 ,

×